給湯器の取り付けは今がお得です!|ヌクヌクお湯GET

インテリア

お湯が出なくなる前に

風呂

早めの準備が大切

給湯器は毎日使うものだけに、故障すると非常に困ります。とりわけ真冬に突然お湯が使えなくなると、風呂に入ることもできず、洗い物も水でするしかありません。急いで修理や交換をしたくても、業者の予定がたてこんでいると、何日も待たされることがあり、生活に支障をきたしてしまいます。冬場は夏よりも給湯器が酷使されるため、古くなった機械には負担がかかりやすく、急に壊れることも多いと言われています。一般に給湯器の寿命は8年から10年とされています。それ以上古いと、修理用の部品が在庫切れになっているケースが多く、もしも壊れたら交換しなければならないのが普通です。交換にはお金もかかるので、あらかじめ余裕を持って準備しておくことが大切です。

こんな症状に要注意

給湯器は状態が良ければ15年でも20年でも使うことは可能ですが、古くなるほど熱効率は低くなり、ガス代の無駄が多くなります。また経年劣化によって、小さな不具合も発生しがちになります。昔に比べてお湯の温度が低くなったり、量が少なくなったりしたら、性能が低下しているサインと考えられます。また追い焚きをしても温まりにくい、お湯の温度が一定しないなどの症状も要注意です。給湯器から異音がしたり、周囲がガス臭くなったりしたら、かなり危険な故障の可能性があります。現時点でお湯が使えていても、以上のような症状があるときは早めに修理することが必要です。そして10年を超えている場合は交換も視野に入れたほうが良いでしょう。